10/11 とってもデリケートなバナナ

最初の花房から、バナナを覆っていた花弁が剥がれ、バナナの実の部分が露出しました。

バナナの実は、お互いが触れ合うと、そこから傷んでしまいます。

それを防ぐために、不織布でカバーをしました。

フィリピンのバナナ畑では、不織布ではなく日本の新聞紙を使っているそうです。

現地の新聞紙より日本製の方が品質が良いからとのこと。

こんなにもバナナの栽培に神経を使い、

丁寧に育てられているとは、知りませんでした。